家づくりの特徴 テスト

使用している素材

無垢の床板

無垢の木は触り心地がよく、ぬくもりがあり、良い香りがします。
無垢の木でできた部屋は、人をやさしく包み込みます。
そして、年月が経つにつれ落ち着いた色合いになっていきます。

詳しく

パーフェクトバリア

飲料ボトルに多用されるほど安全なポリエステル100%の断熱材。
利点は接着剤を使わずに成形しており、日常生活で有害物質が揮発しないこと。
素材自体が湿気をため込まない性質のため、壁内結露が起きにくく家の構造材が長く保つこと。
また、火に対しては自己消化性と防火性能があり、火事が起きた際に断熱材が燃え広がる心配はありません。

ジョリパット

弾性に富む塗材で、地震などで下地の構造体が動いても、ひび割れなどの不具合が非常に起きにくい仕上げです。仕上げ方の違いで様々な表現ができるのも魅力の一つです。
耐久性の高さから、主に外壁の塗材として使用しています。

漆喰

珪藻土や漆喰を塗った壁は、天気や時間、光によって異なったニュアンスが生まれ、様々な雰囲気を味わえます。
じめじめした夏や、乾燥する冬の環境を和らげます。
さらに化学物質を吸着して、部屋の空気をきれいにします。

桧板張り

木を外壁に貼る。
森の中にある別荘のたたずまいを作り出します。
漆喰やジョリパットと組み合わせ、個性のある家ができます。

和紙壁紙

優しい表情と風合いの良い素材。
コウゾ、ミツマタ、ガンビなどの自然の木から作られた均質でない繊維は、部屋の表情を柔らかくします。
日本の自然と暮らしの中で、技と感性により磨き高められた和紙。素朴な中に秘められた高い気品が、心にぬくもりを伝えます。

造作建具

木曽のヒノキ・杉を使用した手作りの建具。
木と土で作られた空間には手作りの無垢の建具がしっくりします。