家づくりの特徴

リビングは家族が集まる場所。
自然と家族が集まるように心地よい空間を作り出すことが大切です。
人はただ機能的な空間だけでは、その場所を気に入ることはありません。
人が好んで集まる場所には、そこにいたくなるようなものが必要です。

では、人が集まりたくなるものとは何でしょうか?
私たちはその一つに自然を取り入れたデザインがあると考えています。

夏には木々を通り抜けてくる心地よい風を感じ、
冬には室内のやわらかい陽だまりに和らいだ気分になる。
家の中にいても季節の変化や日々の自然の変化を感じることができる。
そんな空間を家の中につくり出すことが大切です。

自然を感じられるリビングは、家族みんながほっとできる場所であり、
一人ひとりにとっても、好きなことを楽しむことの出来る居場所になる。
私たちはそう考えています。

光と風を設計する

季節によって、土地にふりそそぐ太陽光の角度や、敷地にふく風は変わります。
夏のつよい日差しは室内に入れたくないけれど、冬のあたたかい日差しはいっぱい入れたいものです。
軒の出を深くしたり、南側に落葉樹を植えることで、夏のあつい日差しを遮り、冬はとりこむことができます。
太陽の恵みをうまく取り入れることで、住まいに心地よい居場所を作ることができるのです。

四季によって変化する風にあわせて、窓の大きさや植栽を植えることも効果的です。
夏はここちよい風が入る位置に、風を入れやすい窓を設けて風をとりこみ、
冬は季節風が当たる位置に、防風林を植え、小さめの窓を設けます。
家のなかを心地よい風が流れ、陽だまりへと自然に人が集まるデザイン。
少しの工夫で、自然の光と風を取り入れた心地のよい家になります。
太陽の光と風、草木などの自然の力を借りて、少ないエネルギーで、快適に暮らせる家をつくることを心がけています。

木を使う

本物の木にはいろいろな良さがあります。
肌触りのよい木に触れると心が落ち着きます。
木目の美しい木は飽きもせずに眺めていられます。
粘りのある力強さも魅力です。
また木には工業製品にはない柔らかな温かみがあります。

木は変化します
季節が変わるごとに収縮して
年月を経るごとに日に焼けして
木目に沿って曲がります
この変わっていくところも工業製品にはない木の素敵なところです
季節によって反ったり、わずかな隙間ができたりすることがありますが、
これは木が呼吸している証拠なのです。

いつまでも快適に住み続けるために

  • 断熱性を高めた快適な暮らし

心地いい家にするには、しっかりと断熱した家にすることが必要になります。
室内の温度差が少なく、少ないエネルギーで快適な居住空間を実現する。
そのために、リブハウスでは設計時に省エネ性能の計算を行います。
これは家の断熱性能を把握して、どの程度の冷暖房設備を備えるべきかを考えるのに役立ちます。
さらに、最小限の太陽光発電や太陽光温水器をつけることによって、ゼロエネルギー住宅(ZEH)を実現することができます。

  • 地震のことを考えた家づくり

地震のことを考えた家づくり

現在、国が定める耐震基準は必要最低限のものです。
大地震が起きた際に建物は倒壊せずに、住人が逃げ出せるだけの時間を稼ぐことを目的としています。
しかし、この基準では被災した住宅に住み続けることは難しく、大きな地震が起こるたびに建て直さなければいけません。

本当に価値のある家とは災害の際に命を守ってくれるだけではなく、
そのあとも安心して暮らし続けられる家ではないでしょうか。
どれだけ家の外装や内装にこだわっても、地震で住めなくなっては意味がありません。

リブハウスでは、国の基準の1.5倍の耐震性能である耐震等級3での設計を行っています。
また、長期優良住宅にも取り組んでいます。

 

使用している素材

ぐっすり眠り、さわやかな朝を迎えたい

無垢の木は触り心地がよく、ぬくもりがあり、良い香りがします。
無垢の木でできた部屋は、人をやさしく包み込みます。
そして、年月が経つにつれ落ち着いた色合いになっていきます。

詳しく

飲料ボトルに多用されるほど安全なポリエステル100%の断熱材。
利点は接着剤を使わずに成形しており、日常生活で有害物質が揮発しないこと。
素材自体が湿気をため込まない性質のため、壁内結露が起きにくく家の構造材が長く保つこと。
また、火に対しては自己消化性と防火性能があり、火事が起きた際に断熱材が燃え広がる心配はありません。 
 

弾性に富む塗材で、地震などで下地の構造体が動いても、ひび割れなどの不具合が非常に起きにくい仕上げです。仕上げ方の違いで様々な表現ができるのも魅力の一つです。
耐久性の高さから、主に外壁の塗材として使用しています。
珪藻土や漆喰を塗った壁は、天気や時間、光によって異なったニュアンスが生まれ、様々な雰囲気を味わえます。
じめじめした夏や、乾燥する冬の環境を和らげます。
さらに化学物質を吸着して、部屋の空気をきれいにします。
 

珪藻土は植物プランクトンが化石化したものです。
湿度を調整して、空気をきれいにします。
湿度が高いときは吸収し、低いときは放出し、人と建物にとって快適な40%~70%を保とうとします。
珪藻土の中でも、北海道の稚内で採れるメソポア珪藻土は、植物性プランクトンの化石の含有率が多いため、より効果的に空気をきれいにします。
木を外壁に貼る。
森の中にある別荘のたたずまいを作り出します。
漆喰やジョリパットと組み合わせ、個性のある家ができます。
 

優しい表情と風合いの良い素材。
コウゾ、ミツマタ、ガンビなどの自然の木から作られた均質でない繊維は、部屋の表情を柔らかくします。
日本の自然と暮らしの中で、技と感性により磨き高められた和紙。素朴な中に秘められた高い気品が、心にぬくもりを伝えます。
木曽のヒノキ・杉を使用した手作りの建具。
木と土で作られた空間には手作りの無垢の建具がしっくりします。
 

仕様

外部仕様

  • 屋根: 陶器瓦葺き
  • 外壁: ジョリパット
  • サッシ:アルミ製ペアガラス

内部仕様

  • 柱・梁・土台:桧3.5寸、4寸
  • 床:  桧板張り
  • 壁:  しっくい、メソポア珪藻土
  • 天井: 杉板、珪藻土壁紙
  • 建具: 造作建具、ウッドワン

坪単価 51万円