家づくりの流れ

家づくりはこれから家を建てようという方にとって、楽しみな反面なにから始めたらいいのか不安な部分があるのではないでしょうか。
そこで家づくりを進めていくにあたって、具体的な流れをまとめてみました。

ご相談

プランのご要望、土地、ご予算、税金、法律のことなど何でもご相談ください。「こんな暮らしがしたい」をお聞かせてください。
おもい描く理想の暮らし
好みの外観やインテリア
庭や家庭菜園へのあこがれ
趣味やライフスタイルなど
どんな些細なことでもお聞かせください。
まずは新しい住まいへの希望を話し合うところから。

 


現地調査

敷地、道路、光、風、隣地との関係性及び法的条件を調査します。
また、建築地の街並みや自然などの環境を確認して、敷地の持っているメリットを生かしたプランニングをおこないます。
やわらかな光の差し込みや心地よい風、窓から木の緑や空の青を感じる家を設計します。

 


設計契約

平面図・立面図等にて、プランに合意が得られた時点で設計契約となります。
(設計料10万円)

 


設計図作成

設計契約していただいた図面をもとに、具体的な内容の打ち合わせを行います。
外部・内部空間の検討を行い、仕様を決めていきます。
同時に構造や住宅設備機器、照明などの電気設備の打ち合わせを行います。
(設計料40万円 設計図承認時)

 


見積もり・工事契約

詳細見積もりを提示します。
設計及び見積金額が合意された時点で契約となります。
(工事請負金額の1/3)

 


着工

現地で建物の配置を確認して、家づくりのスタートです。
(工事請負金額の1/3)

 


工事期間

工事の設計監理及び施工管理を行います。
お客様と建築中の現場にて、細かい仕様の確認などの打ち合わせを行います。
家具の配置や照明器具の種類などを確認しながら、暮らしのイメージを膨らませます。

 


完成・引き渡し

自社検査を行い、お客様に確認していただきます。
家のカギと保証書をお渡しして、設備の使用方法について説明させていただきます。
(工事請負金額の1/3)

 


アフターメンテナンス

無垢の木と土でできた家は、完成してからゆるやかに変化します。
年月を経て薄茶色の木は飴色に、土壁は落ち着いた色合いになり、家に深みを与えます。
自然の素材でできた家ですから、木の反りや壁との間で隙間ができるといった不具合も起こります。
長く住んでいただけるように、リブハウスでは定期的な点検や保障を行って長い目で見守っていきます。